劇団軌跡『見果てぬ夢』終演
2021/06/28

劇団軌跡 Vol.34 『見果てぬ夢』(作:堤泰之 演出:久賀健治)

無事に終演しました!!いえーーーーーーい!!!!!


今回は劇団軌跡さんの20周年記念公演ということで、万全の対策を行ったうえで大塚萬劇場にて公演を致しました。

劇場の入り口に手洗い場、靴消毒マット、手指消毒と検温。

そして劇場からもマスクを配り二重マスク。

さらに客席は、一つ一つの座席の間に飛沫防止用のアクリル板。

たまげました(笑)


楽屋には二酸化炭素の濃度を測る機械まで置いてあり感動。


それもこれもたくさんの方に公演を観ていただきたいという気持ちの表れです。



さて、今回で3度目の劇団軌跡さんへの参戦でしたが、今回加藤は最年少。ガクブルです。

稽古中から先輩方の芝居をたくさん見ることができ、いろいろと吸収させていただきました。鈴木清信さんからダメ出しが頂けたのは嬉しかったですし、作品をよくするキャラクターになりたいという想いが俄然高まりました!


半野りかさんとのお惚けからシーンに始まり

三島史保梨さんとのイチャイチャ(笑)

氷上恭子さんとの愉快なバトル&ぶつかり合い

山口キヨヒロさん、奥住昌敏さんとのコミカルなやり取り

斉藤ひかりさんとのお色気(?)シーン

明正寺光さんとの白熱シーン

(浅田葉子さんとは目線だけのやり取りしかできず……)

児玉信夫さんとの緊張感のあるお芝居

そして、鈴木清信さんとの”会話”


どれもが貴重で素晴らしい経験となりました。

(公演後に「あのシーン楽しかったねー!」と言ってもらえたのは一生の宝物です!)


千秋楽、公演前にPerfumeのイントロクイズ(参加者は加藤のみ)がいきなり始まったことや、センチメンタルなラジオ体操を共演者の方たちとできたことも忘れません!!


このようなご時勢ということもあり、打ち入りも打ち上げもなく、本当に寂しいのです……

またお会いしたーーーーーーーい!!


共演者の方々、スタッフの方々、そして劇場に足を運んでくださったお客様に心から感謝しております。

またどこかの劇場でお会いできる日を楽しみにしております!



記事一覧に戻る